| Outlook Express(アウトルックエクスプレス)の使い方

(1) Windows updateでWindowsをいつも最新バージョンにする


ウイルスは、Windowsの脆弱性を狙って攻撃してきます。Windows Updateは、セキュリティー向上と、動作の安定化のために、頻繁にアップデートされています。

アップデートの情報を入手したら、ウイルス感染対策として、いつもWindowsを最新バージョンに更新することをお勧めします。


(1) Windows updateでWindowsをいつも最新バージョンにする
(図をクリックすると、拡大表示されます)

手順1
[スタート]ボタンをクリックし、[スタート]メニューの[すべてのプログラム]から、[Windows Update]を選択する。
Windows Update.JPG

Windows Update_2.JPG


手順2
Windows Updateの[Windows Updateへようこそ]ページで、[高速]をクリックする。
Windows Update_3.JPG



手順3
アップグレードが見つかったら、[今すぐダウンロードしてインストールする]をクリックして、ダウンロードとインストールを行う。
Windows Update_4.JPG

Windows Update_5.JPG

Windows Update_6.JPG


手順4
[Windows Update]画面で[続行]クリックし、再度、更新をスキャンし、アップデートの有無を確認し、有れば[インストール]をクリックしてインストールする。
※ Windows Updateでは、アップデートを行うと、それに伴って新たなアップデートが必要になる場合があります。従って、[高速]インストールを何回か行って優先度の高い更新項目が無くなったことを確認してください。

Windows Update_7.JPG


手順5
[Windows Update ホーム]をクリックして[Windows Update]に戻り、[カスタムインストール]をクリックする。
Windows Update_8.JPG

Windows Update_9.JPG


手順6
更新項目が見つかったら、クリックして表示させ、全項目にチェックを入れて、インストールする。インストールが完了したら、他に更新する項目が無いかを確認し、閉じる。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
本サイトの目次へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。