| Outlook Express(アウトルックエクスプレス)の使い方

(2) [送信者を禁止する]の設定を行い、迷惑メールを撃退する



迷惑メール対策として、メールアドレスの入力を必要最小限にしても、迷惑メールはどこからともなくやって来ます。
Outlook Expresには、迷惑メールなどの指定した送信者からのメールを自動的に削除する機能があります。
積極的に使用し、迷惑メールに自動的に対処しましょう。

[送信者を禁止する]設定を行う方法
(図をクリックすると拡大表示されます)

手順1
プレビュー表示OFFの状態で、迷惑メールと思われるメッセージを選択し、メニューバー[メッセージ]から[送信者を禁止する]をクリックする。
送信者を禁止する.JPG


手順2
ダイアログで、[***が禁止されたユーザーの一覧に追加されました。この送信者からのメッセージは、今後自動的にフィルタで処理されます。現在のフォルダからも、このユーザーからのメッセージを削除しますか?]と表示されるので、[はい]をクリックする。
送信者を禁止する_2.JPG


手順3
ダイアログで[選択された送信者からのメッセージが削除されました]と表示されるので、[OK]をクリックする。
送信者を禁止する_3.JPG


手順4
[削除済みアイテム]を右クリックし、ショートカットメニューから[[削除済みアイテム]フォルダを空にする]をクリックする。
送信者を禁止する_4.JPG


※ Outlook Express を終了するときに [削除済みアイテム] フォルダに保存されているメッセージを自動的に削除する設定にしている場合、この手順4は省略することもできます。


この記事へのコメント
メニューバー[メッセージ]から[送信者を禁止する]をクリックし、ダイアログで[選択された送信者からのメッセージが削除されました]と表示されても、次にOutlookExpressを起動し「ツール」のメッセージルールの「禁止された送信者」欄を見ると、全て削除さてているのはどうしてでしょうか。
Posted by 山下 豊 at 2012年09月30日 09:31
教えてください。まとめて複数のメールを 送信者を禁止する にする方法を。どこを見ても1個ずつしかできませんので。アナタならおわかりかもと思いまして。
Posted by koyama at 2013年03月26日 08:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
本サイトの目次へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。