| Outlook Express(アウトルックエクスプレス)の使い方

(3) [禁止された送信者]を解除する



ここでは、誤って送信者を禁止にした場合の解除方法を紹介します。


[禁止された送信者]を解除する
(図をクリックすると拡大表示されます)

手順1
メニューバーの[ツール]から[メッセージルール]を選択し、[禁止された送信者の一覧]をクリックする。
禁止された送信者の電子メールアドレス/ドメイン名の一覧が表示されます。
禁止された送信者の一覧.JPG


手順2
リストより解除するメールアドレスをを選択し、[削除]ボタンをクリックする。
禁止された送信者の解除方法.JPG


手順3
ダイアログで[送信者***を削除します。よろしいですか?]と表示されるので[はい]をクリックする。
禁止された送信者の解除方法_2.JPG



この記事へのコメント
[禁止された送信者]を解除するを手順通りにして、一覧にもメールアドレスが表示されないのに、その人からのメールは『削除済みアイテム』に入ってしまいます。何故でしょうか?
Posted by まま at 2007年01月26日 18:55
[禁止された送信者]を解除し、一覧からもそのメールアドレスが表示されなくなったにもかかわらず、『削除済みアイテム』に入ってしまう場合は、他の原因(メールルールが設定されている)が考えられます。

設定されているメールルールを確認していただき該当するメールルールが発見されましたら、4-1 メールの整理 (6) メールルールの編集を参照に、メールルールの編集を行ってみて下さい。
Posted by yuupapa at 2007年01月29日 13:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
本サイトの目次へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。