| Outlook Express(アウトルックエクスプレス)の使い方

(1) メール送信はテキスト形式が基本


Outlook Expressの初期設定は、HTML形式でメールを作成する設定になっています。
HTML形式のメールは、テキスト形式で必要となるデータ以外に、HTMLタグの部分を追加することによって、データ量が増えることと、ウィルス感染の温床になるという理由で敬遠されています。

メールの作成形式は基本的にはテキスト形式にしておいて、どうしてもHTML形式で送らなければいけないときだけ、HTML形式にするようにすることをお勧めします。
その場合でも、あらかじめ送信先の環境を確認し、HTML形式で送付することの了解を得ることをお勧めします。
テキスト形式でメールを作成し、送信する方法
(図をクリックすると拡大表示されます)

手順1
[ツール]メニューから[オプション]をクリックする。
テキスト形式で送信.JPG


手順2
[オプション]の[送信]タブをクリックし、[メール送信の形式]を[HTML]から[テキスト形式]に変え、[OK]ボタンをクリックする。
テキスト形式で送信.JPG


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
本サイトの目次へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。