| Outlook Express(アウトルックエクスプレス)の使い方

(4) 複数のコンピュータでメールの送受信設定を行う方法



2台以上のパソコンで同じアカウントのメールを送受信したい場合(大阪営業所と東京営業所など)、[サーバーにメッセージのコピーを置く]設定をONにすることで可能となります。

また、送信メールも共有したい場合は、[BCC]で自分宛にメールすることで可能となります。

メールは受信すると、サーバーより削除されてしまい、もう一方のパソコンでは見ることができなくなります。従って、サーバーにコピーを置く設定にします。
但し、サーバーにメールが溜まりすぎると新たなメールを受信できなくなるので、[サーバーから削除する]にチェックを付け、保存期間を指定しましょう。
チェックを付けると自動的に[5]日後となるので、好みの日数に変更しましょう。

複数のコンピュータでメールの送受信設定を行う方法
(図をクリックすると拡大表示されます)

手順1
送受信したいパソコンにメールアカウントを設定する。

手順2
メニューの[ツール]から[アカウント]をクリックする。
メールアカウントの追加.JPG


手順3
[インターネットアカウント]の[メール]タブで送受信したいアカウントを選択後、ダブルクリックするか、[プロパティ]をクリックする。
メールアカウントの変更.JPG


手順4
[プロパティ]の[詳細設定]タブで[配信]の[サーバーにメッセージのコピーを置く]にチェックし、[サーバーから削除する]にチェックを入れ、[ 日後]欄に削除する日付を入力する。]を入力し、[OK]をクリックする。
コンでメールを送受信する.JPG


手順5
[インターネットアカウント]の[閉じる]をクリックする。


※[[削除済みアイテム]を空にしたら、サーバーから削除]にチェックすると、[削除済みアイテム]フォルダを空にしたとき、削除した電子メールが、サーバーからも削除されます。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
本サイトの目次へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。