| Outlook Express(アウトルックエクスプレス)の使い方

(3) カーボンコピーを使用して送信する

カーボンコピー[CC:]は、本来の宛先とは別に、上司などに、このようなメールを顧客に送信しましたということを確認してもらうときなどに利用すると便利です。
宛先及び、カーボンコピー先には、お互いのメールアドレスが知られるので、使用する場合は配慮が必要です。



カーボンコピーを使用して送信する
(図をクリックすると拡大表示されます)

手順1
ツールバーの[メールの作成]をクリックします。
メールの作成.JPG


手順2
[メッセージの作成]ウィンドウの[宛先]をクリックし、[受信者の選択]ウィンドウより送信先アドレスを選択し、[宛先]をクリックする。
受信メの選択画面でアドレス設定.JPG


手順3
引き続き、[受信者の選択]ウィンドウより送信先アドレスを選択し、[CC:]をクリックする。全ての[CC:]を設定したら、[OK]をクリックする。
CCでメール送信.JPG


CCでメール送信_2.JPG


手順4
[件名]欄に件名を入力し、メッセージを作成後、ツールバーの[送信]をクリックし、送信する。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
本サイトの目次へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。